MENU

月曜日~金曜日
午前 9:00~12:30
午後 1:30~6:00
(予約優先)
休診 土曜・日曜・祝祭日

槙殿放射線科本院

〒732-0823
広島市南区猿猴橋町6-30

082-263-4692

JR山陽本線「広島駅」下車
マツダスタジアム方向徒歩3分

広電「猿猴橋駅」下車2分

乳がんってどんな病気?

乳がんを疑う症状

  • ・しこりが触れる
  • ・皮膚の変化がある
    発赤や凹み(えくぼ)・引きつれ 肥厚 など
  • ・乳頭からの分泌
    乳汁や色の着いた液体が出る
  • ・乳頭が陥没してきた
    乳頭が中に引き込まれ沈むこともある
  • ・乳房の痛み
    とくにチクチクする痛み(刺痛)がある

しこりが触れる

乳房のしこりについて

自分で気付く症状(自覚症状)の中で最も多いのは“しこり”です。

乳房のしこりには、良性のものと悪性のものがあります。

硬さは、軟らかいものからゴリゴリとした硬いものまでいろいろです。

良性のしこりは、基本的にその気になった時に手術を受ければよいですが、急に大きくなった時(3cm3以上)にはすぐ手術が必要です。

乳がん細胞が、乳管から外へ破れて出来た悪性のしこり(癌)では、いずれの大きさ(0.5cm3、0.8cm3、1.0cm3、2.5cm3、3cm3)でも、すぐ治療が必要です。

治療法は、しこり(癌)の大小にはよらず、したがって早期であっても基本的に同じです。発見時の大きさの違いは治療効果に影響します。

外科手術・制癌剤治療・放射線治療(照射)などあります。治療はそれぞれに最も適した方法が選ばれ、実際にはいくつかの組合せで行われます。放射線治療は局所再発(乳房内の再発)を減らします。

部位別乳がん発生頻度